副業での収入、事業所得または雑所得、どちらで確定申告すべきか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社にお勤めの方は、その会社からもらう給与については、

年末調整と呼ばれる手続きで1年分の所得税の精算をするので、

基本確定申告をする必要はありません。


会社にお勤め+副業(メルカリ、uber eatsなどで給与所得以外)を

している方は、副業での確定申告の仕方により有利不利があります。

そもそも確定申告をしなければいけないのはどんな場合?


会社にお勤めで、副業(メルカリでものを売っている、uber eatsで

配達している、など)をしている方は確定申告が必要になる場合もあります。

具体的に確定申告が必要になるのは、以下の場合です。

  • 1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
       
  • 2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人


所得金額とは、収入金額から商品の発送代などの経費を

差し引いた後の金額です。


確定申告の必要がある、となった場合ですが副業での収入を、

雑所得か事業所得かに分類して確定申告をすることとなります。

雑所得・事業所得とした場合のメリット・デメリット

事業所得とする場合は、前提として青色申告とします。

雑所得とした場合は、確定申告の作業自体は楽だが、税金が高くなる

ことが多いです。

事業所得とした場合は、確定申告の作業自体は作業が増え面倒だが、

税金は安くなることが多いです。


私個人の意見ですが、事業所得としての確定申告の手間を考えると、

副業での収入が少ない場合は雑所得でサッサと申告を終わらせて

しまった方がいいと思います。

手間が増えてもいいから、税金を安くしたいという方は、

事業所得を選んで確定申告しましょう。

事業所得としての申告は、青色申告決算書を作成するのに、それなりの

時間というコストがかかります。

おわりに

副業を事業所得として申告する場合には、所轄の税務署に

事業を開始してから1月以内に「個人事業主の開業届出書」を、

青色申告する場合は、事業を開始してから2月以内に

「所得税の青色申告承認所」を提出しなければいけません。

提出がなければ、事業所得として申告することはできず、

副業分は雑所得として確定申告することになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする